連合秋田〜「日本労働組合総連合会秋田県連合会」は、秋田県内で働く勤労者の仲間が結集する労働組合です。

連合秋田 連合秋田 困ったことがあったら連合秋田の労働相談ダイヤルへ 0120-154-052
新着情報
HOME>>新着情報
女性のための全国一斉集中労働相談ダイヤル・街宣行動
〜職場で悩むあなたを応援(サポート)します!〜

連合は、日常的にフリーダイヤルによる「なんでも労働相談」を行っていますが、年3回(2・6・12月)は統一テーマを掲げて全国一斉集中労働相談ホットラインとして実施しています。この全国一斉集中労働相談ホットラインは、その時々の課題をテーマに掲げ、全国47地方連合会が一斉に労働相談を実施することで、より多くの人たちから相談を受けるとともに現状や課題を社会へ発信することを目的としています。

また、連合は2004年より男女雇用機会均等法の公布月である6月を「男女平等月間」と定め、2013年以降「男女平等」をテーマに全国一斉集中労働相談を実施してきました。その連合「男女平等月間」、国(内閣府)「男女共同参画週間(6月23日〜29日)」と「クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーン」と連動した取り組みとして、6月15日(金)〜16日(土)に「女性のための全国一斉集中労働相談ダイヤル〜職場で悩むあなたを応援(サポート)します!〜」を展開しました。

近年、働く女性を取り巻く環境は変化しており、2016年4月に女性活躍推進法、2017年1月には改正育児・介護休業法が施行されるなど、働く女性に関わる法制度の整備が進んでいます。その一方で、職場内におけるセクハラ・パワハラ・マタハラなど「差別等」に関する女性からの相談は増加傾向にあります。また、女性相談者の約6割が非正規雇用労働者(パート、アルバイト、派遣社員、契約社員等)であり、2018年4月1日からスタートした「無期転換ルール」に関連した雇止めなど非正規労働者の雇用問題も増えています。

連合秋田は、6月11日(月)・13日(水)・14日(木)の3日間、世論喚起・労働相談の周知を目的に、各地域協議会・地区連絡会の主導で街宣行動を実施しました。街頭からは、連合秋田・黒ア会長をはじめ、地域協議会・地区連絡会の役員や、趣旨に賛同した連合秋田議員懇談会会員の方々が訴えを行いました。

11日(月)は、秋田市を皮切りに、大仙市、横手市、湯沢市、由利本荘市と県南地区を中心に展開し、また、13日(水)は中央地協のチラシ配布に合わせ、秋田市駅前で街宣行動を展開しました。

14日(木)は男鹿市、能代市、大館市、鹿角市と県北地区での街宣行動を展開しました。

全県各地での街宣行動やマスコミの取材を通じた広報・周知を行い、期間中は連合秋田に18件の相談が寄せられました。連合は引き続き、非正規雇用や男女平等、その他の問題等に対処するため、すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを主体的に進めていきます。

秋田労働局への「雇用における男女平等」に関する要請行動

連合秋田女性委員会は、男女平等月間(6月)の取り組みの一環として、秋田労働局雇用環境・均等室へ「雇用における男女平等」に関する要請書を作成し、6月6日(水)に要請行動を展開しました。

冒頭、連合秋田・藤井事務局長から要請の趣旨を含め挨拶した後、女性委員会・今野副委員長(秋教組)から秋田労働局・鈴木雇用環境・均等室長へ要請書を手交しました。その後、今野副委員長と小林事務局長(電力総連)から仕事と育児・介護が両立できる職場環境の整備や女性活躍推進法に基づく行動計画の策定・届出が義務付けられていない300人以下の企業への積極的な情報提供や、雇用環境・均等室の相談体制の強化など9項目の要請内容の説明を行いました。

少子高齢化・人口減少が急激に進む本県においては女性の活躍推進が大変重要な課題であることや、「全国ハラスメント撲滅キャラバン」と銘打ち県内の監督署ごとに事業主を対象とした説明会の実施、労働者や企業の担当者からの相談に対応する「ハラスメント対応特別相談窓口」を開設するなど、今年度の取り組み内容の説明がされました。

意見交換では今野副委員長・小林事務局長から、連合秋田としても緊密な連携をはかりつつ、労働者の処遇改善の促進に努めていくことを確認しました。

連合秋田 復興の森

6月2日(土)宮城県名取市において、連合秋田構成組織・地域協議会、労福事業団体から役員・組合員30名が参加し、2014年に植栽をした『連合秋田 復興の森』の保育作業を行いました。

連合秋田は、環境問題を重要な運動課題と位置づけ、植樹や下刈り作業を通じ、森林の持つ多面的機能への理解や自然環境保全を目的とした「連合秋田の森」を森林労連秋田県協議会をはじめ関係各位のご協力を得て、1992年に大仙市協和に設置して以降、植樹や下刈り保育作業を行い、2013年に「第3次の森」の保育作業を終了しました。2014年より「連合秋田の森」事業と東日本大震災からの復興・再生の取り組みを連動させ、東北森林管理局が東日本大震災により被災した海岸防災林の再生に取り組む「『みどりのきずな』再生プロジェクト」に参画し、継続的な復興支援と環境問題・森林保護の重要性を考える『連合秋田 復興の森』を開設しています。

開会として、主催者を代表し連合秋田・黒ア会長、森林労連秋田県協議会・櫻田議長からそれぞれご挨拶をいただき、森林労連秋田県協議会・高橋事務局長から苗木の補植作業の説明も含め作業説明を行い、作業に入りました。枯れてしまった苗木の補植や植樹、雑草の草刈りなど苗木の成長を確認しながら、参加者のご協力のもと苗木の育成環境の整備を行うことができました。保育作業終了後は、閖上さいかい市場(名取市復興仮説店舗)に移動し、地元海産物や名産品の購入を行いました。

植樹した苗木が将来立派な防災林となるよう今後も保育作業に努めるとともに、連合秋田が出来る継続的な復興支援、また、震災を風化させない取り組みとして、『連合秋田 復興の森』事業を展開していきます。組合員の皆さまの引き続きのご理解とご協力をお願いします。

バックナンバー





 

連合秋田

〒010-0001 秋田市中通6丁目7-36 フォーラムアキタ内

018-833-0505